FC2ブログ

" Hi "

ani_Hi_duck_walk_d#03ac



Hi ~!~ 

ちょっと Dance ~!~





♪HIROSHI SATO♪ 佐藤博

スポンサーサイト



| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

"SENKYO---the election system for the future"

w_SenKyo_E#01b













The 2011 World Series just began today, Thurs. Oct 20(Japan time),and in Japan we're about to enjoy the beautiful autumn with the leaves turning red and yellow. On the other hand, Strikes in Athens are growing bigger than ever, followed by more problems and conflicts all over the world.
It might sound abrupt if I start talking about the election system“SENKYO”, but I would like to talk about it today.

It’s been more than 40 years since I got a right to vote, but only a few times have I exercised the right,,,just a handful of times.
It’s not that I didn’t care but in fact I have been interested in the politics. But my interest has been more in the basic issue of democracy than in the individual political issue. In other words, I have had this thought that the voting system itself does not reflect that basic idea of democracy.

Why do we vote? To reflect your idea in the government? Is the system really effective in order to bring your idea to the government? This doubt is where the new idea came from that I’m talking about today.

Japan introduced single-seat constituency system 15 years ago after a big debate. However I believe there is a bigger issue on the basic election system based on the idea of democracy than whether we should stay on single-seat constituency system or not.

The biggest question is why we only have a choice to vote for the affirmative idea. There are plus and minus, good and bad, black and white, up and down, and right and left. But why can we only express our “Yes” but not our “No”? This has been long on my mind.

The bottom line is we should have a right to vote not only for “Yes” but also for “No” in order to show that you “Do Not” want to elect that candidate. In other words, we should have a system in which affirmative vote and opposing vote come together.

For instance, if asked “Are you for or against nuclear power plants?”, voters get to choose between “Yes “ or “No”. However, in the existing voting system, the only choice we have is make an affirmative vote or not to vote at all. In turn, your will to say “No” is not be counted, only to lower the voting rate and giving advantage only to those with local, family or group support.

Not being able to make an opposing vote only leads us to mistrust in politics and reluctance to raise our voice, causing the vicious circle of keeping the politicians and political environment that may cause further mistrust. This can be seen, more or less, not only in Japan but also in other parts of the world.

I’ve always felt there is a big drawback in the existing system. By saying this, I mean we’re in the system where under the deceptive name of “Democracy” and by blindly believing it, we can only express 50% of ourselves (for being unable to say “No”). And I believe the improvement, the creation of a system where we are able to make an opposing vote, or the right to say “we do not want to elect that candidate”, is going to reflect more of public opinion in the government.

If this comes true, it can be a big change, even bigger change than that brought voting right to both sexes and all races. I believe this will bring about a big change into the democracy in a true sense from the one that is forged by the policy-makers and political parties.

I believe that the introduction of the opposing vote is essential to elect politicians for the coming era and the politics for our future.

♪ HIROSHI SATO ♪ o(^-^)o 2011/10/20
| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

ちょっと、一息~!~



Hermann Härtel & Simon Wascher - Teil 1で、ちょっと一息~!~
| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

”選挙” 新しい時代に向けて~!~

Hiroshi Sato 1947 chiransa
 言うまでもなく、”占拠”でも”鮮魚”でもありません。~!~ ちょっと、唐突に感じるかもしれませんが、今日は”選挙”について語ります。

 僕が選挙権を持ってからもう40年以上。実はその中で選挙に行ったのは、ほんの数回、片手で足りる程の数しかありません。 政治に興味がなかった訳ではなく、むしろ関心は人一倍強かった。そして、それは個々の政治的な問題より、特に民主主義の基本的な問題に向いていた。つまり選挙制度の在り方そのものがおかしい、と言う点にありました。

 そもそも選挙は、何の為に行うかと言えば、民意を政治に反映する為。しかし、日本だけでなく、これまで世界中で実施されてきた選挙制度には、大きな欠陥があると感じていました。その事が、これから述べるアイデアにも繋がります。
Hiroshi Sato 1947 chiransa
 日本では、15年程前大騒ぎの末、小選挙区制が導入された。でも、僕が述べたいのは、小選挙区制か中選挙区制かという問題以前の、民主主義におけるもっと基本的な選挙制度の在り方についてです。

 最大の疑問は、民意を政治に反映させる機会であるはずの選挙に、どうして賛成票しかないのか? という事です。物事にはプラスとマイナス、善と悪、黒と白、上と下、右と左、とあります。でも、政治家を選挙で選ぶときには、”No”と意思表示をする反対票がない。それはなぜなのかが、長い間の疑問でした。

 結論を言ってしまうと、我々には、賛成票だけではなく、自分が当選させたくない政治家に対して拒否の意思を投ずる権利、つまり、賛成票と反対票(拒否票)を一対にして投票出来る制度が必要だという事です。
Hiroshi Sato 1947 chiransa
 例えば、原発問題に対して賛成か反対かと問われれば、有権者はそのどちらかを選択することができるでしょう。しかし、現在の選挙制度では、政治家を選ぶときには賛成票を投ずるか否か、もしくは投票に行かないという選択しか出来ない。つまり、否の意思は、実質的に投票率を下げるだけの”死に票”という形でしか表現出来ないのです。それは制度として大きな欠陥であると感じていたのです。そして、それを改善する事、つまり拒否の意思表示が出来る制度を作る事が、より確実に民意を反映させる事に繋がると信じているのです。

 もしこれが実現すれば、女性に参政権がない時代からある時代へと変化した以上の、大きな変化が起きるはずです。これまでのような、政治家及び政党、つまり選ばれる側が作る見せかけだけの民主主義ではなく、より公平で公正な社会、より民意を反映した民主政治が可能になると思うのです。

 “拒否票”の導入は、新しい時代に見合う政治家と政治を生む環境を作るためにも必要不可欠、と、僕は考えています。Hiroshi Sato 1947 chiransa

SenKyo_A













♪HIROSHI SATO♪ 佐藤博
| commnet:0 | BACK TO TOP |

[コメントを書く]

「神様の女房」最終回

 10月1日からNHK総合で始まった「神様の女房」。明日10月15日、夜21時~22時13分 に最終回が放送される。

 「神様の女房」は、”いくたびの櫻”でお世話になった番組「隠密秘帖」(舘ひろし)主演やそれに引き続き放送された「隠密八百八町」の制作スタッフでもあった、黛りんたろう(演出家)さん達が担当。

 このドラマは、"経営の神様"と言われた松下幸之助氏を生涯にわたり支え続けた妻・松下むめのさん(”もう一人の創業者”とも称されている)に焦点を当てた、幸之助氏夫妻の物語。

 主な出演者:常盤貴子、筒井道隆、松本利夫(EXILE)、秋野暢子、石倉三郎、野際陽子、津川雅彦

 その最終回に、新進気鋭の俳優でFriendsの一人でもある、三木哲也君が出演するそうです。 どんな役柄なのかなぁ、楽しみだなぁ~!~




♪HIROSHI SATO♪ 佐藤博
| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

" Steve Jobs "


ありがとう~!~ Steve !

May his soul rest in peace.




♪HIROSHI SATO♪ 佐藤博
| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

" I Want You "



  僕にはとても懐かしい曲、BOOKER T の "I Want You"(1981)。

 80年代に突入する前後は、さまざまな価値観がシフトする変革の時代だった。音楽の世界でも、アナログ盤のLPの時代からCD (’82~)へ移行、録音方法やまたその録音機材、そしてシンセ等の楽器にも大きな変化が起こりつつあった。

  僕はと言えば、'78年頃から、それまで影響を受けてきた、大好きなR&B やBlues , Gospel , Rock , Jazz 等にすっかり飽きてしまい、もうそこから新鮮味を感じなくなっていた。その頃、よく聞いていたのは、Percussionを中心としたアフリカ系やブラジル系の音楽だ。

 そして僕は、'79年の夏から、ロスに移り住んだ。この曲がHitしたのは、その後約一年のサンフランシスコ暮らしからロスに舞い戻ってきた頃。その頃からまた、飽きていたはずのアメリカ系音楽に少しずつ新鮮味を感じ始めた。毎日のように「一緒にやりたいドラマー、ベーシストは誰だろう?」などと、考えてもいた。

 そんな頃に出くわしたのが、この” I Want You "なのだ。 ぼくは、このDrum ( John Robinson)とBass ( Freddie Washington)がすっかり気に入ってしまった。 ありふれたシンプルなパターンなのだが、力強いグルーヴ感があり、随所に光るものを感じた。後に僕のソロアルバム"FUTURE FILE"や"Good Morning"等に参加してもらったのには、こんな経緯があったわけだ。






♪HIROSHI SATO♪ 佐藤博
| BACK TO TOP |

[コメントを書く]

| ホーム |

日記


リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール










"佐藤博"のブログへようこそ!

最近の記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ